ホーム トピックス 観仏日々帖 ぶらり散歩 古仏愛好 古仏礼賛 仏像の基本 アラカルト リンク データ 更新項目



秘仏御開帳

 全国の秘仏御開帳情報は、下記サイトの「仏像の公開情報」に詳しいので、そちらもご覧下さい。

観仏 三昧 ─仏像と文化財の情報ページ─
展覧会情報、仏像の公開情報、講演会・シンポジウム情報、文化財トピックス等の情報を詳細に紹介している
----------------------------------------------------------------------------------------


尾道・浄土寺の秘仏・十一面観音像がご開帳(5/1〜6/19)(2016年4月10日)


広島県尾道市東久保町の浄土寺の本尊、秘仏・十一面観音立像(重要文化財)が、ご開帳となります。

       
.                                          浄土寺・本堂(国宝・鎌倉時代)

浄土寺本尊・十一面観音像は、33年に一度の開扉の厳重秘仏で、近年のご開帳は、平成13年(2001)4月13日〜15日でした。

今回は、浄土寺・平成の大修理の完了落慶、並びに開創1400年を記念して、特別に、春秋2期間、ご開帳されることになりました。

春のご開帳期間は、2016年5月1日(日)〜6月19日(日)
秋のご開帳期間は、2016年9月18日(日)〜11月20日(日)です。

詳しくは、
浄土寺HP秘仏御開帳ページをご覧ください。

浄土寺本堂に祀られる、本尊十一面観音像は、嘉元4年(1306)浄土寺伽藍再興の際の、定証起請文に記される「本尊聖徳太子御作等身皆金色十一面観音像」に比定されています。

            
浄土寺・秘仏本尊・十一面観音立像(平安時代・重要文化財)                         秘仏本尊が祀られる本堂内厨子

重要文化財で、平安後期の作と云われており、漆箔金色に仕上げられています。
像高170.3p、構造は、「仏像集成」(学生社刊)では一木造り、「国宝重要文化財・仏教美術」(奈良博・小学館刊)では寄木造りとされており、はっきりしません。

制作年代については、多くの書が藤原和様のおだやかさと示すとして平安後期としていますが、広島県教育委員会HP解説では、9世紀の作として、
「面相は豊満で,体躯は肥大充実し,刀法も鋭く,全身を金色の寂光に包まれた端厳な尊容の像である。
平安時代も初期に近い頃(9世紀)のすぐれた作である。」
と、述べられています。
平安後期が穏当のように思えますが、皆さんは、どのように感じられるでしょうか?

いずれにせよ、この十一面観音像は厳重な秘仏で、次の開扉は平成46年(2034)となる計算なので、私は、もう拝することは難しいかと思っていました。
今年、幸いにも春秋、結構長い期間開帳されることになり、是非とも拝しに出かけたいと思っています。

なお、浄土寺には、本像の他にも、重要文化財、県指定の仏像が8躯残されており、中でも聖徳太子三像(南無太子像、孝養像、摂政像)は、南北朝時代の造像年墨書銘があり、重要文化財に指定されています。
これらの諸像も、宝物館で拝観することが出来ます。

          
浄土寺・聖徳太子三像(南北朝時代・重文)左から、南無太子像、孝養像、摂政像



大阪市・三津寺の古仏像群が特別公開(3/10〜15)(2016年2月19日)


大阪市中央区の三津寺に遺る古仏像群が、特別公開されます。
特別公開期間は、2016年3月10日(木)〜3月15日(火)、午後1時〜4時です。
詳しくは、大阪市HP・【大阪の歴史再発見】
非公開の市指定文化財「三津寺仏像群」の特別公開についてページをご覧ください。

三津寺には、平安時代から江戸時代に至る古仏像群が残されており、12躯が平成26年(2015)に大阪市の指定文化財に指定されました。
この仏像群は、普段は公開されていませんが、大阪市教育委員会が主催する【大阪の歴史再発見】と題する文化財見学会・講演会企画により、初公開されるものです。

仏像の概要については、大阪市HP・大阪市指定文化財(平成26年度)三津寺仏像群をご参照ください。

三津寺は、大阪ミナミの飲食店が密集する繁華街のど真ん中にあります。
「みってら」と訓みますが、大阪ミナミにお馴染みの方には、聞き慣れた名前だと思います。
この三津寺に、平安時代にさかのぼる古仏が遺されていたなどとは、全く知りませんでしたし、ちょっと驚きです。

特別公開HPには、
「御堂筋沿いの賑やかな町中に寺地を構える三津寺は、奈良時代の建立と伝えられる市内有数の密教寺院です。度重なる火災を逃れて、平安時代、900年代後半に製作がさかのぼる、木造地蔵菩薩立像をはじめ、中世から近世に造像された古仏を、まとまって伝えています。」
と、記されています。

特別公開の各日、午後2時30分より、大阪市教育委員会学芸員による解説があるということです。
市指定の文化財ですが、関西在住の方々は、訪ねてみてはいかがでしょうか。


    
三津寺外観                                          三津寺・毘沙門天像



京都・法界寺の秘仏薬師如来像が51年ぶりに特別公開(4/29〜5/8)(2016年1月30日)

秘仏本尊が祀られる法界寺薬師堂
京都市伏見区の法界寺の秘仏本尊・薬師如来立像が、特別公開となります。
特別公開期間は、2016年4月29日(金)〜5月8日(日)です。

日野法界寺は、国宝の丈六阿弥陀如来坐像で良く知られていますが、日野薬師と呼ばれるように、ご本尊は薬師如来像です。
この薬師如来像(平安時代・重文)は、古来秘仏として厳重に守られており、何年に一度のご開帳という決まりもなく、拝することが難しい仏像でした。

今回、特別公開されるという情報を知り、本当にびっくりしました。

春夏秋冬恒例で開催されている「京都非公開文化財特別公開」事業において、春の特別公開として開帳されるとのことです。
新聞報道によると、京都古文化保存協会による「非公開文化財特別公開」の第1回が実施された時(1965年)に、この法界寺薬師如来像が特別公開されているそうで、今回が、その時以来の51年ぶりの公開となるそうです。

特別公開の詳細などについては、
京都古文化保存協会HP「平成28年度・春期京都非公開文化財特別公開開催要領」ページをご覧ください。
公開要領は、現在の処はこの「開催要領」以上のことは判りませんが、今後、同HPなどで、細かな要領などが掲出されるのではないかと思います。


法界寺は、永承6年(1051年)、日野資業が、薬師如来を安置する堂を建てたのが、その始まりとされています。
薬師如来像の胎内には、日野家に代々伝わる、伝教大師最澄自作の三寸の薬師像を納入したと伝えられていますが、その薬師如来像が、現本尊の薬師如来像そのもので、永承6年(1051年)頃の制作と考えられています。

薬師如来像は、像高88.8p、サクラ材の素木像で、重要文化財に指定されています。
この像は、伝承通りのサヤ仏として造られており、頭部と体部を別材にして、深く内刳りをして頭部を首ホゾ差しにするなど、複雑に木を寄せる、小像には珍しい構造になっています。
これは、胎内に小薬師像を籠めるための、造形上の工夫であったと思われます。
調査によって、胎内仏が納められていることが確認されましたが、この胎内仏は近世のものとみられ、当初の胎内納入薬師像は、何らかの事情で取り出されたか失われたものとみられています。

像容は、温和な藤原風の像ですが、この像の見どころは木地に施された、見事な截金文様です。
当時の、第一級品の仏像であったことがうかがわれます。
衣全体に13種の截金文様が、超絶技巧で見事に施されており、その美しさは繊細華麗そのものだそうです。

   
.       法界寺・秘仏本尊薬師如来像                        薬師如来像の衣に施された繊細華麗な截金文様

今回のご開帳で、薬師像の見事な截金文様を、どこまで眼近に見ることが出来るのかはわかりませんが、この薬師像を直接拝することが出来る二度とない機会かもしれません。
必見の御開帳です。
私も、なんとしても出かけたいと思っています。


なお、今回の「平成28年度・春期京都非公開文化財特別公開」では、法界寺の近くにある、善願寺・地蔵菩薩像(平安後期・重要文化財)、恵福寺の2躯の地蔵菩薩像(平安後期と鎌倉時代)も特別公開されますので、法界寺へ出かけられると併せて訪れてみてはいかがでしょうか。


       
善願寺・地蔵菩薩像                           恵福寺・地蔵菩薩像(平安後期)



大津市石山寺の本尊如意輪観音菩薩像が特別ご開帳(3/18〜12/4)(2016年1月30日)


滋賀県大津市の石山寺の秘仏本尊・如意輪観音菩薩像が特別ご開帳されます。
ご開帳期間は、2016年3月18日(金)〜12月14日(日)です。
詳しくは、
石山寺HP秘仏本尊御開扉ページをご覧ください。

石山寺の秘仏本尊・如意輪観音像は、勅封秘仏とされ、33年に一度と天皇即位後に、ご開帳されることになっています。
今回のご開帳は、33年に一度のご開帳の年にあたります。
近年では、1961年、1991年、2002年、2009年にそれぞれ開基1250年記念などの事由で開帳されており、今回開帳は7年ぶりのご開帳となります。

如意輪観音像(重要文化財)は、像高293p、寄木造の巨像で、温和な定朝様がうかがえる平安後期の制作です。
六臂で右膝を立てる通例と異なり、二臂で左脚を踏み下げ自然石の岩盤の上に坐す姿としています。
石山寺の本尊は、天平宝字6年(732)に丈六の塑像が造立されましたが、承暦2年に本堂とともに焼失します。
その本堂が再建された永長元年(1096)頃に、現在の本尊が制作されたのではと考えられています。

2002年の開帳時に、文化財保存状況の調査が行われ、背中の蓋板の中の内刳りに、小型の厨子が安置され、その中に4躯の小金銅仏と水晶製五輪塔が納められているのが発見されました。
金銅仏像は、当初の塑像本尊の体内に納められていたものと考えられています。
この胎内金銅仏4躯も、併せて特別公開されます。

そのほか、本尊安置の宮殿内から採集された約90個の塑像片が保存されていますが、この中には、当初塑像の断片も含まれているとみられています。
当初像左足先かと思われる断片も特別公開されるようです。


   
.       石山寺・如意輪観音菩薩像                本尊胎内金銅仏4躯(飛鳥〜天平時代)               当初像左足先かと思われる塑像断片



神戸市・須磨寺の秘仏本尊・聖観音坐像がご開帳(2/18〜24)(2016年1月5日)

秘仏・聖観音像が祀られる須磨寺本堂
兵庫県神戸市須磨区の須磨寺の秘仏本尊・木造聖観音坐像がご開帳となります。
ご開帳期間は、2016年2月18日(木)〜2月24日(水)です。
詳しくは、
須磨寺HPご開帳お知らせページをご覧ください。

須磨寺の秘仏本尊・木造聖観音坐像は、33年に一度のご開帳とされている厳重秘仏です。
須磨寺は、平安時代の初め、漁師が和田岬の沖で引き上げた聖観音像を、886年(仁和2年)に聞鏡上人が現在の地に移したのが始まりとされています。
本尊・聖観音坐像は、無指定で解説資料等も見当たらないようです。
寺伝のご本尊だとすると平安前期の像ということになるのでしょうが、どのような仏像なのかは全く情報がありません。

また、ご開帳関連の展覧会として、神戸市立博物館で「須磨の歴史と文化展−受け継がれる記憶」が開催されますが、この展覧会に、須磨寺の十一面観音立像(鎌倉時代・重文)が出展されます。
展覧会開催期間は、2016年2月6日(土)〜3月21日(月)です。
詳しくは、神戸市立博物館HP展覧会ページをご覧ください。


         
須磨寺の十一面観音立像(鎌倉時代・重文)     「須磨の歴史と文化展−受け継がれる記憶」ポスター



姫路市・円教寺で摩尼殿四天王像など特別開帳(1/9〜3/31)(2016年1月5日)


兵庫県姫路市の書写山円教寺では、普段非公開の摩尼殿・四天王像(重文・平安)、開山堂・性空証人像(重文・鎌倉)などが、特別に公開されることになりました。

JR西日本が行っている「ちょこっと関西歴史たび」キャンペーンの対象が、2015年度冬季は兵庫県姫路市の「書寫山圓教寺」に決まりました。
期間中、様々な企画が実施されますが、普段非公開の仏像の特別公開も行われることになったものです。

キャンペーン期間は、2016年1月9日(土)から3月31日(木)までで、仏像の特別公開予定は、次のようになっています。




詳しくは、JR西日本HP「
ちょこっと関西歴史たび 書寫山 圓教寺開催について」をご覧ください。

摩尼殿安置の本尊・如意輪観音像(1933年、石本暁海作)と四天王立像は、通常は、1年に1度、修正会の1月18日に限りご開帳されているものです。
四天王像(4躯・像高130p前後)は、かつては講堂釈迦三尊像の周囲に置かれていた像で、足下の邪鬼も含めて内刳りのないヒノキの一木彫像です。
釈迦三尊像と同時期の10世紀の制作とみられる、見どころある興味深い像です。

    
.              円教寺摩尼殿・四天王像(重文・10C)                    持国天像(右)

なお、摩尼殿には、2006年に小厨子から発見された、鎌倉前期制作の如意輪観音坐像(像高20p・県指定文化財)も安置されていますが、この像は、今回開帳されません。


開山堂安置・性空証人坐像(丸い壺に遺骨らしき陰影が見えるX線写真)
開山堂安置の性空証人坐像は、毎年、性空上人忌(旧暦3月10日、新暦4月10日)の二日限りでご開帳されているものです。
本像は弘安9年(1286年)に焼失した旧像に代わり、正応元年(1288年)に慶快が造ったものです。
旧像の像内にあった瑠璃壺に納められた性空の遺骨が焼け残ったので、新像にあらためて納入されたという伝えがありましたが、2008年奈良国立博物館によるエックス線撮影調査により、本像の頭部内には、所伝どおり遺骨が納入された瑠璃壺が納められていることが判明して、話題を呼びました。

円教寺には、今回特別公開される仏像のほかに、講堂・釈迦三尊像(重文)、常行堂・阿弥陀如来坐像(重文)が、よく知られています。
釈迦三尊像は、永延元年(987年)の造立、阿弥陀如来坐像は寛弘2年(1005年)頃に造立されたとみられ、平安中期の優作です。
この二尊の仏像の拝観は、事前にお願いをし、拝観予約をすれば拝観可能ですが、特別公開期間も同様の対応となっているようです。

円教寺は、姫路駅からバスで30分、そこからロープウェーで書写山山上に上って徒歩と、訪れるには少々不便なところにありますが、円教寺に遺る平安古仏の優作をすべて拝観できる良いチャンスではないかと思います。


なお、JR西日本「ちょこっと関西歴史たび」キャンペーンは、3月末で終了しますが、仏像の特別拝観は、引き続き5月上旬まで行われるようです。
不確実情報ですので、詳細は円教寺にご確認ください。




岐阜県・願興寺の秘仏薬師如来像が特別御開帳(11/21〜12/4)(2015年10月31日)


岐阜県可児郡御嵩町の願興寺の秘仏ご本尊・薬師如来坐像(重文・平安〜鎌倉)が特別御開帳となります。

御開帳期間は、2015年11月21日(土)〜12月4日(金) 午前10時〜午後3時(2時受付終了)です。
詳しくは、御嵩町HP・
願興寺特別公開ページをご覧ください。

願興寺の秘仏・薬師如来坐像は、12年に一度、子年の4月に1日限りで御開帳されています。
今年は、子年ではありませんが、願興寺開基1200年にあたることから、特別に御開帳されるものです。
本年4月5日にも1日限りで開帳されましたが、11月下旬から2週間に亘って特別御開帳されることになりました。

岐阜新聞は、「願興寺改修へ“秘策” 国重文秘仏、11月から特別開帳」という見出しで、
「老朽化した本堂の改修に向け知名度向上を図ろうと特別に実施。貴重な文化財を所蔵する寺としてアピールし、寄付金を募る。
同寺は創建1200年の歴史があり、本尊を含む仏像24体が国の重要文化財。
しかし檀家(だんか)は8軒しかなく、収入は少ない。本堂の改修費用は概算で10億円がかかる見通しで、大きな負担となる。
・・・・・・・・・・・
拝観者数は通常の年は年間200人程度だが、ご開帳では期間中だけで1500人を見込む。」
(2015.9.12岐阜新聞WEB)
と、報じています。

特別公開期間は、御嶽宿周辺の地域グルメの協力14店舗で、願興寺来訪者へのおもてなし特典も設けられており、御嵩町役場も力を入れているとのことです。

秘仏薬師三尊像(薬師坐像像高:136p)は、平安末期〜鎌倉初期の制作とみられ、平安時代とするもの、鎌倉とする解説まちまちで、所謂、藤末鎌初の像と云えるようです。
「岐阜県の仏像」岐阜県立博物館1990年刊には、このように解説されています。

「螺髪は小粒で面相は丸く、衲衣の柔らかな表現には平安時代の作風を残すが、目鼻立ちや体つきから製作年代は鎌倉時代に入っていると思われる。
脇侍の日光菩薩・月光菩薩は本尊と別作で、しかも両尊には多少の相違が見いだされるが、浅い衣文の彫技から平安時代後期の作と考えられる。」

願興寺には、薬師三尊像のほかに、寛元2年(1244)覚俊作の釈迦三尊像、阿弥陀如来立像(平安後期)・坐像(鎌倉)、四天王像(平安〜鎌倉)、十二神将像(平安後期)の6件・24躯の重要文化財仏像が収蔵庫に安置され、立ち並ぶ姿は壮観です。
私は前回の子年御開帳の2008年4月に拝しましたが、一度は訪れて拝してみたい、諸仏像です。

名古屋駅から名鉄線で1時間ほどとちょっと不便ですが、是非この機会に訪ねられてはいかがでしょうか。


     
願興寺本堂                                       秘仏・薬師三尊像(重要文化財)



●    木津川市・秋の社寺秘宝秘仏特別開扉を実施(10/下旬〜11月)(2015年10月3日)


京都府木津川市の社寺が秘仏などを公開する「秋の社寺秘宝・秘仏特別開扉」が、今年も10月から11月にかけて行われます。
今年は初参加の安福寺を含め、11の社寺が通常非公開の仏像などを公開します。

詳しくは、
木津川市観光協会HP「秋の社寺秘宝・秘仏特別開扉」ページをご覧下さい。
各寺の公開仏像、公開期間の詳細は、「秋の社寺秘宝・秘仏特別開扉」ページに詳しく掲載されています。

11寺の特別公開仏像をみてみると、通常でも拝観可能な仏像も結構ラインアップされています。
この期間でないと、普段拝観が難しい注目仏像は、旧燈明寺、西明寺、高田寺の諸仏像かと思います。




この3寺の特別公開期間は、共に10/31〜11/3の4日間に限られています。
それぞれ、なかなか興味深い仏像で、一度は拝しておきたい古仏かと思います。


        
旧燈明寺・千手観音像(鎌倉)      西明寺・薬師如来像(平安)        高田寺・薬師如来像(平安)



●    三重・観菩提寺の秘仏十一面観音像が33年に一度の御開帳(11/1〜8)(2015年9月26日)

三重県伊賀市島ヶ原の観菩提寺の秘仏十一面観音立像が、33年に一度の御開帳となります。

御開帳期間は、2015年11月1日(日)〜2015年11月8日(日)です。
概要については、三重県観光連盟・
観光情報HPをご覧ください。
また、御開帳スケジュールなどが変更になっている場合もありますので、詳しくは、観菩提寺(0595-59-3080)に直接お尋ねください。

観菩提寺・十一面観音立像は、異形、威相で森厳神秘という表現そのままとも云って良いような、きわめて精神性の強い不可思議な造形の一木彫像として知られる仏像です。
お堂で拝すると、観れば観るほどに、異様な霊気や凄みのあるエネルギーに、魅入られてしまうという印象で、忘れることが出来ない惹きつけるものを感じてしまいます。
像高:203cm、カヤ材の一木彫で内刳り無し、黄土の檀色像とみられ、重要文化財に指定されています。
製作年代は、10世紀頃といわれていますが、奈良時代に遡るという見方もあります。

この像については、「埃まみれの書棚から〜各地の地方佛 ガイドあれこれ【近畿 編】第3回」で、拝観記を紹介しておりますので、ご覧ください。

観音像は、33年に一度限りの開扉の秘仏として守られており、普段は拝することはできません。
これまで、ただ一度だけですが、2011年3〜5月に世田谷美術館で開催された「白洲正子〜神と仏、自然への祈り展」に、出展されたことがあります。
厳重秘仏として知られた観菩提寺・十一面観音像が、寺外に出て出展されたことは驚きでした。

私は、観菩提寺・正月堂のほの暗いお堂の中と、世田谷美術館の両方で観たことはありますが、堂内で拝した時の観音像の異様な迫力と霊気は、美術観展示のそれとは較べようもないもので、是非ともお堂で拝してみられることをお薦めします。

結構辺鄙なところに在る観菩提寺ですが、ご関心ある方は、是非お出かけになってみてはいかがでしょうか。


     
観菩提寺・正月堂                              観菩提寺・十一面観音立像



●    福井県・安楽寺の秘仏・聖観音像が33年ぶりにご開帳(10/17午後〜18)(2015年8月22日)


福井県三方上中郡若狭町にある無悪山安楽寺で、秘仏・聖観世音菩薩立像が33年ぶりに御開帳となります。

御開帳日は、2015年10月17日(土)午後〜18日(日)となっています。
詳しくは、
安楽寺HPをご覧頂くとともに、当該HP・大祭ページ掲載の大祭実行委員会にお問い合わせください。

秘仏・聖観世音菩薩立像は、現在収蔵庫に安置されていますが、秘仏とされ33年に1度ご開扉され、その中間の17年目毎に中開き大祭が行われることになっているそうです。
昭和59年(1984)10月に前回本開帳、平成11年(1999)10月に中開帳が行われています。

聖観音像は、平安時代の制作で重要文化財に指定されています。
像高157.5cm、ヒノキの一木彫で、内刳りは施されていません。
写真で見ると、なかなか堂々とした太造りの造形の一木彫ですが、丸顔の顔部の表情には、「おだやかさ」が伺えるような感じがします。

若狭町HPの解説には、
「平安前期の作品といわれ、彫法に翻波の跡が認められます。」
とありますが、
「仏像集成」(学生社刊)によれば、
「このように古風な平安初期の様式、構造を踏襲するが、制作は平安時代(11世紀)と考えられる。」
と解説されています。

10〜11世紀の制作の仏像のように感じますが、なかなかの造形の立派な仏像で、一見の価値は充分ありそうです。


        
安楽寺・秘仏聖観世音菩薩立像(平安時代・重要文化財)



●    平成27年度みほとけの里・若狭の秘仏特別公開(9/19〜11/23)(2015年8月22日)


昨年に惹き続き、今年も「みほとけの里〜若狭の秘仏特別公開」が実施されます。

特別公開期間は、平成26年9月13日(土)〜11月24日(月・祝)です。

この企画が始められてから3年目になります。
今回も二十数ヶ寺の古仏像が拝観可能となりますが、公開寺院等は昨年と同様のようです。
一つ注目は、三方上中郡若狭町無悪にある安楽寺の秘仏・聖観音菩薩立像(重文・平安時代)が、期間中にご開帳されることです。
安楽寺・聖観音像は33年ぶりの御開帳で、10月18日(日)に開帳されます。
詳しくは、当HP・
福井県・安楽寺の秘仏・聖観音像が33年ぶりの御開帳をご覧ください。

特別公開の仏像、公開日などは、福井県HP(平成27年度 みほとけの里 若狭の秘仏 特別公開)に詳しく出ていますので、ご参照ください。

各寺院の公開日や公開時間の詳細が掲載されています。
寺院によって、公開日や公開時間が異なっているようですし、「特別公開ツアーバスのみ」公開の仏像もあるようですので、ご注意ください。




●    静岡島田市・智満寺の千手観音像が20年ぶりにご開帳(7/18〜9/23)(2015年7月11日)


静岡県島田市の智満寺の秘仏本尊・十一面観音立像(重文・平安時代)が、20年ぶりの特別御開帳となります。

御開帳期間は、2015年7月18日(土)〜9月23日(水・祝)です。
詳しくは、島田市観光協会HP・
ご開帳紹介ページをご覧ください。

智満寺本尊・十一面観音像は、厳重秘仏として知られ、60年に一度の御開帳となっています。
今回は、前回開帳から20年目に当たりますが、このたび新たに制作された「頼朝杉・弥勒菩薩像」が完成安置されたことを記念し、また本年が智満寺本堂を再建した徳川家康公の四百回忌に当たることから、本尊が特別ご開帳されることになったものです。

頼朝杉・弥勒菩薩像というのは、2012年9月、境内の国の天然記念物「頼朝杉」が自然倒木し、この「頼朝杉」から弥勒菩薩像を彫り出すことが発願されました。
制作にあたったのは、江里康慧(えりこうけい)仏師で、彫刻と自然乾燥を並行し、約2年を要して優美なお姿に截金の装飾が施された崇高な弥勒菩薩像となったということです。
この弥勒菩薩像も、同時に拝することが出来ます。

なお、智満寺では、2010年にも53年ぶりの秘仏・千手観音像御開帳がありましたが、この時に御開帳された千手観音像は、重要文化財の本尊とは別のもので、市指定文化財となっている観音像でした。
本尊千手観音は、20年ぶり御開帳ということです。

智満寺本尊・千手観音像(重要文化財)は、像高181.5cm、平安中期の作といわれています。
「仏像集成」解説には、このように記されています。

「頭体を通して耳後を通る線で前後矧ぎとし内剃りを施す。
顔は横広がりで日も横長く切れている。鼻梁、口元の彫りも深く荒彫り風の彫法と相まって森厳な雰囲気をたたえている。
両もも辺りの天衣の彫りも平安初期の翻波式表文を呈しているが、全体としては平安中期の作と推定されている。」

智満寺本尊は、何とか一度は拝したいものと念じていた仏像です。
写真で見ると、なかなかの惹きつける魅力があるように感じられます。
智満寺さんに、お尋ねした処、比較的近くでご本尊を拝することが出来るとのことです。
結構辺鄙なところに在るようですが、是非とも訪ねてみたいと思っています。


    
.    智満寺・本堂                              智満寺本尊・十一面観音立像(重文・平安時代)



●    下田市・法雲寺の如意輪観音坐像が60年に一度のご開帳(3/21〜22)(2015年3月14日)

法雲寺・如意輪観音坐像(平安時代)
静岡県下田市北の沢・法雲寺(下田市須原973-1)の秘仏本尊・如意輪観音坐像(10世紀後半〜11世紀)が60年に一度のご開帳となります。
ご開帳日は、2015年3月21日(土)、22日(日)の両日、9時から15時とのことです。

この如意輪観音坐像は、像高77.1pの一木彫で、秘仏のため無指定になっていますが、10世紀頃の制作と考えられ、東日本エリアでは最古級ともみられています。

3月21日のご開帳日には、10時から法要、11時から上原仏教美術館・主任学芸員の田島整氏の現地講演が行われます。

また、この如意輪観音像については、かつて伊豆新聞に連載された
「伊豆の仏像を巡る(54)〜下田市北の沢・法雲寺 如意輪観音坐像」(田島整氏執筆)
に、詳しく解説されています。

写真で見ると、地方作的な風ですが、古様で力強く、迫力ある平安古仏のように見受けられ、結構惹き付けられる仏像のように思えます。

私は、思い切って下田まで拝しに出かけてみようかと思っています。




●    和歌山・慈尊院の弥勒仏像が高野山開創1200年記念でご開帳(4/2〜5/21)(2015年3月14日)

和歌山県伊都郡九度山町の慈尊院で、秘仏・弥勒仏坐像が御開帳となります。

御開帳期間は、2015年4月2日(木)〜5月21日(木)です。
御開帳情報については、
九度山町HPに掲載されていますが、詳しくは慈尊院(0736-54-2214)に確認された方がよいと思います。



4月からのご開帳の垂れ幕が張られた慈尊院


慈尊院・弥勒仏坐像は、21年に一度開帳の厳重秘仏として知られています。
21年に一度、桧皮葺の屋根の葺き替え時に、遷座ご開帳されることとなっています。
慈尊院・弥勒仏坐像(国宝・9C末)

今回は、前回の定期ご開帳(1993年10月)から22年目に当たります。
屋根の葺き替えも行われましたが、高野山開創1200年を記念して、開帳されるものです。
2005年3月にも、高野山世界遺産登録記念として特別開帳されたことがあります。
これまでのご開帳は、それぞれ2日間、7日間と短期間でしたが、今回は50日間の長期間ご開帳となります。

今さらご説明するまでもなく、慈尊院・弥勒仏坐像は平安前期彫刻を代表する、美麗な国宝仏像です。
墨書銘から寛平4年(892)の制作と考えられています。
写真で見られて、一度は拝してみたい魅惑の仏像となっている方も多いのではないかと思います。
是非、この機会に訪れられることをお薦めします。

この慈尊院の弥勒仏像、優れた平安古仏であることが判明したのは、なんと昭和35年(1960)のことでした。
まさに「新発見、大発見」であったわけです。
翌年の実査を経て、すぐに重文指定、翌年・昭和38年(1963)には、なんと「国宝指定」と、大スピード出世の仏像としても知られています。

「観仏日々帖」に、「慈尊院弥勒仏像の開帳によせて〜秘仏発見物語を振り返る」と題して、国宝仏像の大発見の物語を振り返る読み物を掲載させていただきました。
是非、併せてご覧ください。




●    伊那市・仲仙寺の秘仏十一面観音が特別ご開帳(4/18〜5/6)(2015年3月14日)


長野県伊那市西箕輪の仲仙寺・本尊秘仏十一面観世音像が、特別ご開帳となります。

この本尊像は、60年に一度のご開帳となっており、次回の定期ご開帳は、2031年となっています。
平成27年は、開創1200年という特別な年となるため、 記念事業の一環として、特別御開帳が厳修されるとのことです。

ご開帳期間は、4月18日(土)〜5月6日(水)です。

詳しくは、
仲仙寺HP秘仏ご開帳ページをご覧ください。

羽広山仲仙寺は、平安時代の弘仁7年(816)慈覚大師円仁により開創されたという寺伝となっていますが、本尊・秘仏十一面観音像については、どのような仏像かわかる資料が無いようで、制作年代についても不明という処のようです。



●    滋賀県湖南市・善水寺の薬師如来坐像がご開帳(4/19〜6/14)(2015年3月14日)

滋賀県湖南市岩根の善水寺の秘仏・薬師如来坐像がご開帳されます。

ご開帳期間は、2015年4月19日(日)から6月14日(日)です。
詳しくは、善水寺HP・
お知らせページをご覧ください。

       
.                                       善水寺・薬師如来坐像(重文・平安時代10C末)

善水寺・薬師如来像のご開帳については、60年、50年、33年などの周期という伝承はあるものの、特に周期が決まってはいないようです。
善水寺HPによると、昭和24年(1949)に開帳され、その後は平成13年(2001)にご開帳法要が行われています。
それ以前となると、江戸中期元禄5年(1692)とあるのみで、他には記録としては残されていないそうです。

今回のご開帳は、
「善水寺開創1300 年慶讃・慈覚大師1150 年御遠忌報恩・国宝善水寺本堂桧屋根葺替勧募」
ということで、開帳法要が行われます。
前回開帳から14年ぶりということになります。

善水寺の薬師如来坐像は、像高102p、ヒノキの一木彫で、重要文化財に指定されています。

明治40年(1907)に解体修理された際に、内刳り部から麻袋に詰められた籾に混じって、墨書紙片が発見されました。
墨書には、願主と結縁者などが記されたうえ、「正暦四年五大月三日」と書かれており、正暦4年(993年)に制作されたことが明らかになっています。
10世紀末、平安時代中期を代表する仏像と云えるでしょう。

善水寺には、堂内に梵天帝釈天、四天王、トバツ毘沙門天、不動明王像など、本尊制作時期もしくは少し遅れる時期に制作された平安古仏諸像が祀られており、いずれも重要文化財に指定されています。
本尊以外の諸像は、いつでも拝観できます。

今回ご開帳の薬師如来像は、これまで何度か、博物館の展覧会に出展されたこともありますので、そこでご覧になった方もいらっしゃるのではないかと思います。




●    長野・善光寺の前立本尊が7年に一度の御開帳(4/5〜5/31)(2015年2月28日)

長野県長野市の善光寺の絶対秘仏・阿弥陀三尊の前立御本像が、7年に一度の御開帳となります。

御開帳期間は4月5日(日)〜5月31日(日)です。
詳しくは、
善光寺御開帳HPをご覧ください。

この前立御本尊の御開帳は、7年に一度恒例の大行事で、各所で案内されていますので、わざわざご紹介することもないかと思いましたが、採り上げさせていただきました。

ご存じのとおり、善光寺のご本尊・一光三尊阿弥陀如来は、百済伝来で善光寺の寺名となった本田善光が飛鳥時代に当地に遷座したと伝えられますが、古来絶対の秘仏で、誰も拝したことがある人はいません。

前立本尊は、鎌倉時代の制作、像高42センチの金銅仏で、重要文化財に指定されています。
前回ご開帳時も、全国から500万人の参拝の人出となったということですから、多分大変な混雑で、仏像をじっくり拝するということは、叶わないかもしれません。


         
.                                       善光寺・前立本尊一光三尊阿弥陀如来(重文・鎌倉時代)



●    各地の「六善光寺」ご本尊が同時御開帳(4/5〜5/31)(2015年2月28日)


ご存じのとおり、信州・善光寺では7年に一度の前立本尊・一光三尊阿弥陀如来がご開帳となりますが、これに合わせ、各地の6つ善光寺でも、同時に、ご本尊のご開帳が行われます。


六善光寺とは、信州善光寺のほかに、長野県飯田市の善光寺(元善光寺)、山梨県甲府市の善光寺(甲斐善光寺)、愛知県稲沢市の善光寺(祖父江善光寺東海別院)、岐阜県関市の善光寺(関善光寺)、岐阜県岐阜市の善光寺(岐阜善光寺)の5つの善光寺のことを云うそうです。


御開帳期間は、信州・善光寺と同じ、2015年4月5日(日)〜5月31日(日)です。

詳しくは、六善光寺同時御開帳・
公式ホームページをご覧ください。




●    長野・長楽寺で本尊・聖観音菩薩が13年ぶりの御開帳(4/5〜5/31)(2015年2月28日)

長野県千曲市八幡の長楽寺では、秘仏の本尊・聖観世音菩薩像が、善光寺(長野市)の御開帳に合わせてご開帳とされます。

御開帳期間は、善光寺と同じ、2015年4月5日(日)から5月31日(日)です。
詳しくは、
善光寺御開帳HP信毎ご開帳ニュースページをご覧ください。

長楽寺の秘仏・聖観音像御開帳は、これまで善光寺御開帳の前年に1日だけ実施してきましたが、より多くの人に参拝に来てもらいたいと、今回は同じ年にし、期間も合わせたとのことです。
前回の御開帳は本堂の改修などと重なったため行っておらず、今回の御開帳は13年ぶりとなります。

聖観世音菩薩は高さ40pほど。腰を落として足を少し前に踏み出し、来迎に姿をしているということですが、制作年代などの詳しいことは、解説されているものも無いようで良く判りません。


         
.                                      長楽寺・秘仏聖観音像



●    栃木・医王寺で「医王寺の仏像・特別見学会」開催(3/21)(2015年2月21日)


栃木県鹿沼市の医王寺で、「医王寺の仏像・特別見学会」が、3月21日(土)に開催されます。

医王寺には、平安時代から鎌倉時代の仏像が、約30躯のこされており、栃木県指定文化財となっていますが、普段は公開されていません。
昨年、医王寺の仏像について詳しい調査が実施されたのを機に、「医王寺の仏像・特別見学会」が、初めて開催されました。

多くの見学申し込みがあり好評であったので、今年も開催されることになったとのことです。
調査図録「医王寺の仏像」編集責任者の萩原哉氏を講師に、普段はなかなか見ることが出来ない貴重な仏像群を鑑賞できる機会となっています。

私は、昨年の初回見学会に出かけましたが、充実した見学会で、医王寺の仏像群を丁寧な解説によりじっくり鑑賞することが出来ました。

見学会への参加は、事前申し込みが必要です。
平成27年2月15日(日)〜3月14日(土)となっています。
詳しい申込方法などは、
医王寺HPならびにHP内・仏像特別見学会をご覧ください。



●    島根・鰐淵寺の秘仏両本尊が33年に一度の御開帳(3/20〜22)(2015年2月14日)


島根県出雲市別所町の鰐淵寺の秘仏両本尊、千手観音菩薩像と薬師如来像が33年に一度の御開帳となります。

御開帳期間は、2015年3月20日(金)〜22日(日)の3日間です。
詳しくは、出雲観光協会公式ホームページ・
鰐淵寺 御開帳をご覧ください。

鰐淵寺は、推古天皇2年(594年)、信濃の智春上人が当地の浮浪の滝に祈って推古天皇の眼疾が平癒したことから、推古天皇の勅願寺として建立されたという伝承を持つ古刹です。
寺号の鰐淵寺は、智春上人が浮浪の滝のほとりで修行を行っている際、誤って滝壺に落とした仏器を、鰐(ワニザメ)がその鰓(えら)に引掛けて奉げたとの言い伝えから生じたと云います。

鰐淵寺の仏像と云えば、白鳳時代とみられる小金銅仏像(重文)が残されており、その一体には壬辰年(692年)に「出雲国の若倭部臣徳太理なる人物が造立した」旨の銘記があることで知られています。

両本尊の方は、33年に一度の御開帳が固く守られているようで、前回開帳は、昭和58年(1983)であったそうです。
写真も見当たらないので、どのような仏像なのかわかりません。

産経新聞ニュース(2014.2.27付)によりますと、

「佐藤住職によると、本尊の仏像2体はいずれも木像で、千手観世音菩薩は立像、薬師如来は座像。
前回拝観したという県立古代出雲歴史博物館の的野克之・学芸部長は、衣紋から室町時代の作とみる。」

とのことです。




●    神奈川・大磯町の六所神社で神像を特別公開(1/3)(2014年10月25日)

相模国総社六所神社・本殿
神奈川県中郡大磯町の六所神社の男神立像と女神立像が特別公開されます。

特別公開日は、2015年1月3日(土)の一日限りで、午前9時から5時まで公開されます。

この男女神立像は、長らく秘かに祀られてきた神像で、近年その存在が明らかになった像です。
平安後期11〜12世紀の制作とみられており、2009年に神奈川県指定重要文化財の指定を受けました。
両像共に、天部形神像で、像高各75p・68p、一木彫成、背面から大きく内刳りされています。

六所神社は、平安後期に相模国府がこの地におかれると、国内有力5社の分霊を合祀し、相模国総社六所神社となったという由緒ある神社です。

2006年に神奈川県立博物館で開催された「神々と出会う〜神奈川の神道美術展」に、初めて出展され、注目された像です。

         
六所神社・男神立像(左)女神立像(右)〜県指定文化財・平安時代後期

その後も、公開されることが無かったようですが、文化財指定を受けたこともあり、2年前から、毎年1月3日に限り、特別公開されることになったということです。

正月3が日近辺には、毎年ご開帳される秘仏が結構ありますが、六所神社神像の特別公開情報については、今般初めて知りました。
注目の神像の特別公開かと思いましたので、ご紹介しました。
私も出かけてみようかと思っています。




●    小田原市・勝福寺の秘仏十一面観音像が特別開帳(11/1〜5)(2014年10月25日)


神奈川県小田原市飯泉の秘仏本尊・十一面観音立像が特別御開帳されます。

本尊・十一面観音像は、33年に一度ご開帳の秘仏ですが、今回は、開創1250年記念開帳大法会ということで、ご開帳になるとのことです。
ご開帳期間は、2014年11月1日(土)〜11月5日(水)です。
ご開帳の時間、要領については、把握しておりませんので、詳しくは勝福寺にお問い合わせください。(0465-47-3413)

このご開帳は、坂東三十三観音霊場・平成26年午歳特別結縁巡礼の一環ともなっているようです。

本尊・十一面観音像は、像高101p、平安時代の制作で、神奈川県指定文化財となっています。

勝福寺・本堂
神奈川県文化財図鑑・彫刻編(1975年神奈川県教育委員会刊)の解説には、このように述べられています。

「彩色を加えない素地像で、材はヒノキ、頭頂面までを含めて全身を一材からつくり、内刳りを施さぬ丸彫りの構造で、・・・・・
・・・・・・・・・・・・
一種、男性的な表情に見えるのが目立ち、両頬がゆたかで面相部の肉取りがこの男性的な趣を強めている。
・・・・・・・・・・・・
いわゆる定朝様の仏像が地方においても定着したころ、すなわち12世紀の造立と考えられるが、その仕上げは地方作らしく荒っぽいところがあり、ところどころには刀痕がのこる。
両肩に墨で描かれた垂髪なども、もとのものと思われ、県下のいわゆる鉈彫りの像などにみられる墨描の瓔珞などをしのばせるあたりがおもしろい。」

         
勝福寺・十一面観音立像

私も拝したことはありませんが、写真と解説をみると、檀像風彫刻と関東の鉈彫り像とのかかわりを考えさせるような、興味深い仏像のようです。

この機会に、訪ねてみようかと思っています。




●    兵庫県神崎郡・神積寺の秘仏・薬師如来像が60年に一度のご開帳(11/8〜23)(2014年10月4日)


兵庫県神崎郡福崎町の神積寺の秘仏・薬師如来像(重文)が、60年に一度のご開帳となります。

神積寺(じんしゃくじ)は、播磨天台六山のひとつに数えられ、西国四十九薬師霊場第二十四番札所、播州薬師霊場第十二番札所となっている古刹です。

11月8日には、妙徳山神積寺開山一千年並びに、60年に一度の秘仏本尊薬師如来ご開帳開闢法要が行われます。
薬師如来像のご開帳期間は、2014年11月8日(土)〜11月23日(日)です。
詳しくは、
神積寺HP・ご開帳ページをご覧ください。

薬師如来坐像は、像高88.8p。明治34年(1901)に旧国宝(現重要文化財)に指定されています。
この薬師如来坐像の制作年代ですが、藤原時代とするものと、室町時代とするものの二つあるようです。

福崎町・社会教育課のHPによれば、
「作風は温雅このうえなく、この地方の藤原仏を代表するものです。
・・・・・・
膝部の衣文は紐状に表され、翻波式衣文(大きい波と小さく鋭い波を交互に表す衣文)もみられます。」
と述べられています。

神積寺HPでも、
「藤原時代の代表的な尊容を表しています。」
とされています。


一方、「仏像集成」(学生社刊)、「ふるさとのみほとけ〜播磨の仏像」(兵庫県立歴史博物館刊)の解説(神戸佳文氏)によれば、室町時代の制作とされています。

「衣文の表現は硬く、衲衣を通肩にまとう形式などから、南北朝〜室町時代の造立と考えられる。
神積寺は、延慶2年(1309)に焼失しており、この像はその後に再興された本尊であると考えられる。」
(仏像集成)

      
神積寺・本堂                       神積寺・薬師如来坐像

皆さん、いずれの時代の仏像とみられるでしょうか?
ご開帳に行かれる方は、是非、いずれの時代の仏像なのか、よく観てきていただければと思います。



●    三井寺で智証大師生誕1200年慶讃・秘仏ご開帳(10〜11月)(2014年9月27日)

滋賀県大津市園城寺町の三井寺園城寺では、宗祖・智証大師生誕1200年慶讃大法会が、2014年10月18日〜11月24日に開催されます。

   


この大法会に伴い、各種の記念事業が行われますが、この間に、三井寺に伝わる著名な秘仏が5躯、開扉されます。

詳しくは、
三井寺HP智証大師生誕1200年慶讃大法会ページ秘仏ご開扉ページを、ご覧ください。

開扉される秘仏と、開扉期間などは次の通りです。

 

三井寺の、これらの秘仏については、長らく秘仏として守られてきました。

とりわけ、黄不動画像は、秘仏中の秘仏として守られ、きわめて限られた人しか拝した人がいませんでした。

昭和29年(1954)、東京日本橋高島屋において「三井寺秘宝展」が開催された際、黄不動尊が初めて山外に出て、三日間だけ公開され、一般の目にふれることになりました。
その後は、昭和48年(1973)に、横浜高島屋で開催された「三井寺秘仏特別開扉」において、特設灌頂道場において拝するという形で、公開されただけでした。

以来、いわゆる三井寺展に、たまに出展されるようになり、近年では、
・1990年、名古屋市博物館・京博・東博で開催された「智証大師1100年御遠忌記念・三井寺秘宝展」
・2008〜9年、大阪市立美術館・サントリー美術館・福岡市博物館で開催された「智証大師帰朝1150年・国宝三井寺展」
・2010年、大津歴史博物館で開催された「大津・国宝への旅展」
に、出展されています。

1990年、2008〜9年の展覧会では、上記の5躯の秘仏が、全て出展されています。

都度、「三井寺展」にお出かけの方にとっては、既に、これらの秘仏を明るい美術館で、眼近にじっくり拝されていることだろうと思います。

なお、この秘仏開扉の時期に合わせて、大津市歴史博物館で「智証大師円珍生誕1200年記念・三井寺 仏像の美展」が開催されます。(10/11〜11/24)

こちらの展覧会では、5躯の秘仏以外の三井寺の仏像、仏画が数多く出展され、三井寺の仏像の全貌を知ることが出来ます。
必見の展覧会かと思っています。



●    滋賀県長浜市・大聖寺不動堂の不動明王坐像を初公開(9/11〜10/19)(2014年9月20日)

滋賀県長浜市大門町の秘仏・不動明王坐像(平安後期)が、長浜城歴史博物館で初公開されています。
公開期間は、2014年9月11日(木)〜10月19日(日)です。

大聖寺不動堂の不動明王坐像は、昨年(2013)3月、長浜市指定文化財に指定されたばかりの仏像です。
9月10日付京都新聞は、不動明王像が初公開されることを報じていますが、文化財指定された経緯については、このように書かれています。

「地元の記録では、大聖寺は鎌倉時代には存在し、織田信長の比叡山焼き打ちの際に同寺も燃えたと伝わる。
本堂の跡地に建つとされる不動堂の中で、像は地元住民によって守られてきた。

秘仏のため非公開だったが、2年前、市文化財保護センターが調査したところ、キリの木の一木造りで平安時代後期の作と分かった。
台座を除く高さは135センチで、県内の不動明王坐像では2番目の大きさ。
平安後期の作風も評価され、昨年3月に市文化財に指定された。」

不動明王像は、写真で見ると、みるからに平安後期の作風ですが、なかなか力強そうな感じがします。
半丈六の135pもある像高で、滋賀県下では東門院(守山市)の不動明王坐像に次いで2番目に大きい像となるそうです。

本像の詳しい解説は、
シリーズ「ながはまの文化財」(平成25年6月1日号)をご覧ください。

長浜城歴史博物館HPには、探してみましたが、大聖寺不動堂・不動明王坐像が展示されることについての掲載がありませんでした。
行かれる方は、長浜城歴史博物館に確認されたうえ、訪ねられた方がよいかもしれません。


          
大聖寺不動堂の不動明王坐像(平安時代後期・長浜市指定文化財)



●    伊勢市・金剛證寺の秘仏・虚空蔵菩薩が20年に一度のご開帳(10/1〜21)(2014年8月29日)

金剛證寺・本堂
三重県伊勢市朝熊町の金剛證寺のご本尊〜秘仏・虚空蔵菩薩が20年に一度のご開帳となります。
ご開帳期間は、2014年10月1日(水)〜10月21日(火)です。
詳しくは、
金剛證寺HPをご覧ください。

金剛證寺は、古来、伊勢神宮の鬼門を守る寺として、神宮の奥之院ともいわれた古刹です。
「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭の俗謡にも唄われ、参宮する人々は当寺に参詣するのが常であったと云います。

ご本尊・虚空蔵菩薩は、伊勢神宮のご遷宮の翌年に、20年に一度のご開帳とされており、その間開扉されたことはなく、厳重に秘仏として祀られているようです。
このご本尊は、日本三大虚空蔵菩薩の第一位とされているということなのですが、いつ頃の時代のものかは、はっきりしていないようです。

伊勢市教育委員会の方にお尋ねしましたが、制作年代についても過去の記録からも良く判らず、写真も残されていないとのことで、今回のご開帳の機会に、良く拝して観てみたいとのことでした。
いつの時代のどのような仏像なのか、興味深いところです。

金剛證寺には、ほかに、2躯の重要文化財の仏像、雨宝童子立像(平安時代)と地蔵菩薩立像(鎌倉時代)が残されています。
雨宝童子像は、平安時代の神像ではないかと、注目されている古像です。
宝物館が、開扉期間中の土曜、日曜、祝日の10:00~15:00には、特別公開されるとのことですので、これらの仏像も、拝することが出来るも知れません。
宝物館の文化財などについては、金剛證寺にご確認ください。


          
金剛證寺・雨宝童子像(平安時代・重文)〜左〜と地蔵菩薩像(鎌倉時代・重文)〜右〜



●    平成26年度・みほとけの里〜若狭の秘仏特別公開(9/13〜11/24)(2014年8月15日)

若狭の秘仏特別公開ポスター
向かって右・中山寺馬頭観音像、左・馬居寺馬頭観音像

昨年に惹き続き、今年も「みほとけの里〜若狭の秘仏特別公開」が実施されます。

特別公開期間は、平成26年9月13日(土)〜11月24日(月・祝)です。

一昨年から、新たに始められた企画ですが、大変好評で、多くの方がこの期間に拝観に訪れたようです。
今年は、普段は一般公開していない、23ヶ寺の古仏像が拝観できるようです。

昨年は、小浜市とあおい町の17ヶ寺でしたが、今年は若狭町、高浜町が新たに加わり、特別公開仏像も、大幅に増えました。

今年の目玉は、高浜町の中山寺・馬頭観音坐像と馬居寺・馬頭観音坐像(共に重要文化財)が、同時に特別公開されることでしょう。

当地、青葉山周辺には、馬頭観音像が多く残されていますが、この二寺と松尾寺・馬頭観音像は、秘仏になっており、なかなか拝することはできませんでした。
中山寺、馬居寺は、最近、たまに期間を限って特別公開されるようになっていますが、今回は、2つの馬頭観音が同時に拝せるというチャンスです。



今回特別公開される仏像は、以下のとおりです。

 

特別公開の仏像、公開日などは、
福井県HP(平成26年度 みほとけの里 若狭の秘仏 特別公開)に詳しく出ていますので、ご参照ください。

各寺院の公開日や公開時間の詳細が掲載されています。
寺院によって、公開日や公開時間が異なっているようですし、「特別公開ツアーバスのみ」公開の仏像もあるようですので、ご注意ください。


また、しばらく閉館していた、県立若狭歴史資料館(小浜市)が、この7月にリニューアルオープンし、こちらにもいくつかの仏像が展示されています。

注目は、小浜市黒駒区の大日如来坐像が初公開されることです。
博物館解説によると、
この像は今まで知られていなかった仏像で、像高170p、若狭最古の大日如来像となる平安後期の木彫像だそうです。
黒駒区で秘仏として長く信仰されてきたが、一般に公開されるのは初めてということで、ちょっと興味深い仏像です。

            
県立若狭歴史資料館リニューアルオープンポスター               小浜市黒駒区・大日如来坐像    .




●    鳥取県・三徳山三仏寺の秘仏・阿弥陀如来像が特別ご開帳(7/18〜10/18)(2014年7月4日)

国宝・三仏寺投入堂
国宝・投入堂、重文・蔵王権現像で知られる、鳥取県三朝町の三徳山三仏寺・本堂に厳重秘仏として祀られる阿弥陀如来立像が、特別ご開帳されます。
慈覚大師1150年御遠忌ということでのご開帳、ということです。

ご開帳期間は、2014年7月18日(金)〜平成26年10月18日(土)となっています。
詳しくは、
「三朝温泉850年」というHPをご覧ください。

三仏寺によると、本堂に祀られるこの仏像は、過去に開帳された記録はなく、三徳山において秘仏中の秘仏とされていました。
三佛寺本堂修復落慶された2011年、初めて開帳公開されたそうです。

平安後期の阿弥陀如来立像で、県教育委員会では、次のように解説しています。

嘉祥2年(849年)慈覚大師円仁により釈迦、阿弥陀、大日の三尊仏を安置されたと伝わり、三徳山三佛寺の寺号の由来になっている平安仏。

その特徴は、頭部はやや大きめで極端ななで肩、体奥が浅く、正面下半身の衣文線はいわゆるY字型に整えられて形式化し、彫りは浅く、典型的な平安時代末期の作風を示しています。

さらに、右肩や背面上方には鑿痕が遺っており、いわゆる霊木から出現しつつある仏(「霊木化現仏」)の特色を示し、そのことからも当初は素木仕上げであったと考えられています。
太古からの山岳信仰の拠点である三仏寺の本尊として、その文化的、歴史的価値は極めて高いものとされ、平成23年3月22日、鳥取県保護文化財に指定されました。

私は、この仏像の存在も、2011年に特別開帳されたことも、これまで全く知りませんでした。
今回のご開帳情報で、初めて、三仏寺に平安古仏の秘仏本尊が祀られていたことを知りました。
写真で見ると、なかなか興味深い仏像のような感じがします。
出かけてみる値打ちがあるかもしれません。

            
三仏寺本堂安置・阿弥陀如来立像(平安後期・県指定文化財)                蔵王権現像(平安後期・重要文化財)

なお、三徳山三仏寺のHPには、現在の処、秘仏ご開帳について掲載されていません。(ご開帳されることは、お寺の方にも確認済みです。)

「三朝温泉850年」HPによると、重要文化財「十一面観音像」も、10/26から本堂に祀られ公開されるとのことですが、この観音像は、普段でも蔵王権現像とともに、宝物館にて公開されていますので、いつでも拝することができるものです。



●    山形・寒河江市の本山慈恩寺・宮殿秘仏が特別開帳(6/1〜7/21)(2014年5月4日)

山形県寒河江市の本山慈恩寺本堂の宮殿内の秘仏、本尊・弥勒菩薩坐像ほか数々の仏像が、特別開帳されます。

ご開帳仏像の展示期間は、2014年6月1日(日)〜7月21日(月)です。
詳しくは、本山慈恩寺HPをご覧ください。

今回、秘仏ご開帳展示される仏像と安置堂の一覧は、次の通りとなっています。


  


慈恩寺の秘仏ご開帳は、昨年4月〜7月にもありましたが、小規模のご開帳展示でした。
その折、開帳展示されたのは、本堂宮殿内の観音・勢至菩薩像(市指定)、阿弥陀堂安置・阿弥陀如来坐像(重文)、三重塔安置・大日如来坐像です。

今回のご開帳は、慈恩寺開山1300年記念として行われるもので、厳重秘仏とされる本堂・宮殿内安置のご本尊・弥勒菩薩坐像他が開帳展示されます。
宮殿内秘仏・本尊のご開帳は、今世紀(21世紀)初ということです。
前回、宮殿・ご本尊が開帳されたのは、平成4年(1992)ということですから、22年ぶりの本尊ご開帳ということになるのかと思います。

   
本山慈恩寺本堂と本堂内陣内の宮殿(厨子)

宮殿内諸仏のことが知られるようになったには、近年のことです。
慈恩寺本堂内には、宮殿(くうでん)と呼ばれているおおきな厨子がありますが、宮殿厨子内の仏像は、長らく絶対秘仏としてその扉が開かれたことはなく、その仏像がどのようなものか全くわかりませんでした。

昭和50年(1975年)に、初めてその扉が開かれたということです。
宮殿内には、31躯の仏像が、密集して安置されていました。
昭和57年には、文化庁の本格的調査が入り、平安後期〜鎌倉後期の多数の貴重な仏像が安置されていることが確認されました。
本尊・弥勒菩薩坐像及び諸尊像(5躯)
本尊・弥勒菩薩坐像の胎内に墨書銘があり、永仁6年(1296)の制作であることが判明しました。
数年のうちに、宮殿内仏像は逐次文化財指定が行われ、重要文化財2件・14躯、県指定文化財6件・9躯、市指定文化財8件・8躯(合計16件・31躯)の仏像群が指定文化財となりました。

宮殿内仏像群は、その実態判明以来、仏像愛好者の大注目を浴びることになったのですが、厳重な絶対秘仏として、宮殿の扉が開かれることはなく、一般にはこれらの仏像を拝することは、一切叶いませんでした。
限られた研究者のみが、文化財調査の時に限り拝する機会がある、というものであったようです。

近年、本山慈恩寺では、宮殿内秘仏も、その一部の像を、期間を限って宮殿の外に安置するという、秘仏開帳展示が行われるようになりました。

今回の本尊ご開帳は、今世紀初ということですが、宮殿内安置のご本尊以下18躯にも上る仏像が、宮殿外に安置されるという、大規模なご開帳展示となるもののようです。
重文指定の14躯はすべてご開帳されるようです。

      
騎獅文殊菩薩及び脇侍像(4躯)                騎象普賢菩薩及び十羅刹女像(5躯)

本山慈恩寺本堂の宮殿安置仏の主要仏像が、これだけ勢揃いして開帳される機会は、そうなかなかないのではないかと思います。
山形・寒河江市まではちょっと遠いですが、訪ねて見られてはいかがでしょうか。



●    川崎市・能満寺の聖観音立像が12年に一度のご開帳(4/12〜30)(2014年4月25日)

神奈川県川崎市高津区の能満寺の聖観音菩薩立像が、12年に一度の午年ご開帳中です。
開帳期間は2014年4月12日(土)〜30日(水)です。
ご開帳情報を、直近知りましたので、遅ればせながらお知らせいたします。

能満寺・聖観音立像は、川崎市域最古の平安木彫として知られています。
像高101.3cm、カヤ材の一木彫、貞観彫刻風の古様をとどめた造形で、10世紀前半の制作と考えられており、市指定文化財となっています。
客仏で、近在の長命寺観音堂(現廃寺)に祀られていた仏像と伝えられます。

川崎市・横浜市エリアでは、10世紀まで遡る平安古仏は、本像ぐらいかと思われますので、一度、是非拝してみたいと思っていた平安古仏でした。
情報キャッチ後、すぐに出かけて、聖観音像を拝してきました。

江戸時代の修復により、顔部の相当手が入っていて玉眼になっているなど、体部との釣り合いが悪くなっていますが、胸から下の造形や衣文の彫口などは平安前期のボリューム感やダイナミックさの名残を十分とどめています。
ずんぐりとした体躯や、誇張気味の身体の捻りなどは、平安時代東国の土臭さのようなものを感じますが、それなりの力感を感じる仏像でした。
一見の価値はある仏像だと思われます。

         
能満寺・聖観音菩薩立像      平安時代・10世紀    市指定文化財


●    山形・長井市の普門坊・馬頭観音が修復記念特別開帳(4/27〜29)(2014年3月1日)

山形県長井市横町の普門坊の本尊「馬頭観世音菩薩立像」が、ご開帳となります。

普門坊本堂
この馬頭観音は60年に一度のご開帳が守られていますが、この度、300年ぶりの大修復完了を記念して、特別開帳されるものです。
次回開帳は、40年後になる予定です。
開帳期間は2014年4月27日(日)〜29日(火)です。
詳しくは、
普門坊HPをご覧ください。

本像は、これまで江戸時代の制作とみられてきましたが、今回の修理時に調査により、本像は、鎌倉時代の制作の可能性が出てきたということで、注目されています。

像高198pの巨像で、昭和62年(1987)に山形県指定文化財に指定されています。
山形県教育委員会の文化財解説によりますと、次のように記されています。

「“喝”と叫ぶように大きく開いた口、睨みつけるように見開いた眦(まなじり)、炎のように逆立つ怒髪など、面部の怒りの表情は大変迫力にとみ、8臂の構えも力強く、条帛や裳の襞の彫り出しも写実的で、鎌倉時代の中央の正統的な仏像を、彷彿とさせる逸品である。
また、金と朱で、激しく燃えたぎる火炎を表現した光背を背負ったこの像は、忿怒・威厳・迫力を余す所なく表現している。

元々の像は、鎌倉初期に羽黒の僧運慶によって彫られ、文保2年(1318年)に修復したが、その後、大破した。
この観音像は、大破した最初の観音像をモデルに、宝永6年(1709年)に新たに造立したものと見られる。」

2013年に、お堂の修復に併せて、東北古典彫刻研究所により、300年ぶりに本体と台座の保存修理が行われました。
修理に伴う調査の結果、像内から山形県有形文化財指定時には知られなかった銘記が発見されました。
馬頭観音様の体内から、数々の書付が発見され、前回の修復が、宝永6年(1709年)の江戸時代であることなどが記されていましたそうです。
この調査結果によれば、造立の時期は鎌倉時代に遡る可能性もあるということです。

普門坊のHPには、秘仏・馬頭観音像の特別ご開帳の案内に加えて、
「馬頭観音像の修復の有様などの映像が編集された7分間の動画」
が、掲載されています。
なかなか興味深い動画ですので、一度ご覧になってみてください。

          
普門坊・馬頭観音立像


●    滋賀・湖東三山で秘仏本尊同時ご開帳(4/4〜6/1)(2014年2月8日)

滋賀県、湖東三山と呼ばれる西明寺(甲良町)、金剛輪寺(愛荘町)、百済寺(東近江市)の秘仏御本尊が一斉ご開帳されます。
今回の御開帳は、昨年(2013)10月に名神高速道路に新たに設けられた「湖東三山スマートIC」開通を記念して、実施されるものです。

ご開帳期間は、2014年4月4日(金)〜6月1日(日)です。
詳しくは、ご開帳パンフレット、湖東三山各寺のHP(西明寺金剛輪寺百済寺)をごらんください。

湖東三山御本尊は、厳重秘仏とされており、
西明寺・薬師如来立像は住職一代1回限り、金剛輪寺・聖観音立像は定めはないが秘仏、百済寺・十一面観音立像は55年に一度、
のご開帳とされているものです。

西明寺・薬師如来像(重要文化財)、金剛輪寺・聖観音像(鉈彫り)、百済寺・十一面観音像ともに平安時代の制作と云われています。
百済寺・十一面観音像については、本HP「観仏日々帖」に「トピックス〜国華に掲載、秘仏・百済寺十一面観音像の調査論文」という記事を掲載していますので、参考にしていただければと思います。

皆さん、覚えておられるかと思いますが、湖東三山秘仏本尊は、2006年9〜10月に一斉ご開帳されました。
この時は、「天台宗開宗1200年記念」ということで、

「門外不出の秘仏本尊のご開帳は、半世紀ぶり、住職一代に一回など、実に貴重なもので、三山揃って一斉に公開するのは史上初!」

と報道され、私もこのチャンスを逃すと、もう二度と拝観できることはないのだろうと、訪れました。
それから、6年余で、またもや「一斉ご開帳」というのは、「まさか!!」のびっくりという処ですが、前回拝観を逃された方は是非この機会に行かれてはいかがでしょうか。


●    栃木県真岡市・専修寺の一光三尊仏像が17年ぶりにご開帳(3/28〜30)(2014年1月18日)

栃木県真岡市高田の専修寺の本尊「一光三尊仏像」が、17年に一度のご開帳となります。
開帳期間は、3月28日(金)〜30日(日)です。
詳しくは、専修寺HPをご覧ください。

この仏像は、秘仏のため文化財指定はされていませんが、鎌倉時代、親鸞が長野の善光寺から譲り受けたと伝えられ、市文化課は「国指定重要文化財級の仏像」としているそうです。
像高39.4pの金銅仏で、 秘仏のため如来堂(国指定重文)の金庫に厳重に保管されており、普段は模倣仏である「お前立像」しか参拝することができません。
17年に1度のご開帳は江戸中期から行われるようになったそうです。

下野新聞の記事によれば、
「同仏像は津市の真宗高田派本山の意向や、秘仏という性格上、文化庁などの調査を受け入れていない。
「お前立像」が県指定重文に指定されていることから、隠れた国指定重文とも言われている。
同仏像は同寺で3日間ご開帳した後、本山に運ばれ2年間公開される。」
とのことです。

津市の本山・専修寺のHPをみますと、本山でのご開帳期間は4月3日(木)〜11日(金)となっています。
こちらの情報の方が正しいように思えますので、正確な情報はお寺にご確認ください。

                     
.   専修寺の本尊「一光三尊仏像」                 真岡市・専修寺の御開帳ポスター               津市本山・専修寺の御開帳ポスター



●    茨城・雨引観音楽法寺の延命観音像がご開帳(1/1〜12/31)(2014年1月4日)

茨城県桜川市、雨引観音楽法寺の秘仏・延命観音像が御開帳されます。
開帳期間は、1月1日(水)から12月31日(水)です。
雨引山楽法寺・山門

この延命観音像は、通常は秘仏で、特別な場合しか拝観することが叶いません。
今回は、「甲午 御本尊特別大開帳」ということで、坂東観音霊場「午歳特別結縁巡礼」に伴って開帳されることになったものです。
詳しくは、
雨引観音楽法寺HPと、同HPの「甲午 御本尊特別大開帳」について、をご覧ください。

HPによれば、
護摩修行の際には、本尊前の緞帳を巻き上げて本尊のライトアップを行い、祈願者からまのあたりに拝観できるようにします。
護摩修行の後、本尊拝観者には須弥壇前を通って順次間近にて拝観していただく。
護摩祈願者以外の方で本尊拝観をご希望の方は、本堂左脇発券所にて本尊拝観券(\1,000[記念品付き]、18歳以下は無料)をお求めいただき、拝観して下さい。
とありますが、実際にどのようなかたちで拝観可能となるのか、詳細はよく判りません。

この延命観音像は、平安時代の制作で、重要文化財に指定されています。
雨引観音楽法寺HPには、
当山の延命観音像を詳細に調査された、茨城県の仏教彫刻研究の第一人者である後藤道雄氏(茨城県文化財保護審議会委員)によれば、「平安前期、9世紀後半の制作であると考えられる〜茨城県の木彫では最古〜」と鑑定されています。
像高156.5cm、カヤ材の一木彫、彩色像(剥落)で、普段は観音堂右の収蔵殿に奉安されていて秘仏となっています。
と解説されています。

なお、この延命観音像については、当HPの観仏日々帖「古仏探訪・雨引山楽法寺・観音菩薩立像」に、昨年11月に、私が拝観した時の観仏記を詳しく掲載していますので、ご覧いただければと思います。

この秘仏は拝観できるのはめったにないチャンスで、また拝する値打もある平安古仏だと思います。
一年間の開帳期間ですので、是非お出かけになることをお薦めします。

          
楽法寺・延命観音立像(重要文化財・平安時代)



●    四国・西国八十八か所が霊場開創1200年で秘仏一斉ご開帳(1/1〜12/31)(2014年1月4日)

お遍路でおなじみの四国の西国八十八か所霊場は、弘法大師空海が平安時代・815年に開創したと伝えられ、今年・2014年に開創1200年を迎えます。
これを記念して、八十八か所霊場の各寺院の多くでは、秘仏御本尊のご開帳や記念法要などの特別催事が実施されます。

1月1日から12月31日の一年間に、各寺が秘仏開帳期間や記念行事期間を設定して、行われる予定です。
普段は、拝することのできない秘仏も、多く拝観できるようになるようで、なかなか得がたいチャンスだと思います。

記念行事や御開帳スケジュールにつきましては、
四国八十八か所霊場会公式HPをご覧ください。
このHPに、「平成26年 四国八十八ヶ所霊場 開創1200年記念事業日程」という寺院別実施催事とスケジュール表の一覧表がPDFで掲載されていますので、これをご覧いただくと、詳細がわかると思います。
この他に、この一覧表から秘仏御開帳スケジュールを整理して解説した「お四国の仏様」というサイトを見つけました。
このサイトも、なかなか参考になると思います。

これらの掲載データを、「本尊秘仏の開帳」となる部分だけを整理して、文化財指定、制作年代、開帳スケジュールを一覧にした表をつくってみました。
まずは、これをご覧いただき参考にしていただければと思います。

 

ご開帳予定の仏像には、今年限りということではなく、例年御開帳の期間が定められており、今年もそれに則ったご開帳という秘仏もあるようです。

そのあたりの正確な情報は、私にもよく判らないのですが、「お四国の仏様」のサイトの解説によれば、
霊場 開創1200年記念ということで、普段ご開帳がなく、特別に開帳されるのは、

「28番・大日寺大日如来像(重文)、35番・清滝寺薬師如来像(重文)、66番・雲辺寺千手観音像(重文)、69番・観音寺大日如来像〜伝聖観音(県文)、88番・大窪寺薬師如来像」

だそうです。(一覧表の薄緑色に塗ったもの)
また、竹林寺の文殊菩薩坐像(重文)は、50年に一度の秘仏御開帳が、丁度今年に当たります。
竹林寺の御開帳につきましては、この秘仏御開帳のサイトに、先に詳細を掲載していますので、ご覧ください。


今回ご開帳になる仏像で、「文化財指定されている仏像」の写真をピックアップして、掲載しておきます。
ご参考にしていただければと思います。

              
17番井戸寺・十一面観音像                    28番・大日寺大日如来像.聖観音像                 31番・竹林寺文殊菩薩像


          
.       33番雪蹊寺・薬師如来像.毘沙門天像(湛慶作)              34番・種間寺薬師如来像         35番・清滝寺薬師如来像


              
.        42番・仏木寺大日如来像                 47番・八坂寺阿弥陀如来像           52番・太山寺本尊十一面観音像


              
.       66番・雲辺寺千手観音像                 69番・観音寺大日如来像(伝聖観音像)        86番・志度寺十一面観音像



●    高知・竹林寺文殊菩薩像が50年ぶりに御開帳(2014.4/25〜5/25)(2013年6月30日)


高知県高知市の五台山竹林寺の御本尊・文殊菩薩坐像が、来年春、2014年4月25日(金)から5月25日(日)に御開帳されます。

この文殊菩薩像(国指定重要文化財)は、50年に一度の御開帳で、普段は厳重秘仏として本堂厨子内に安置されています。
来年(平成26年)は、前回開帳からちょうど50年目に当たります。
詳しくは、
竹林寺HPをご覧ください。

竹林寺は、神亀元年(724)、聖武天皇の勅願を奉じた行基上人が、文殊菩薩の霊場として名高い大唐五台山になぞらえ開創されたにはじまると、寺伝に伝える古刹です。
数多くの古仏を伝えており、重要文化財に指定されている仏像は14件19躯にのぼり、高知県内で重文指定されている仏像の約3分の1にもなります。
竹林寺・本堂
ご本尊・文殊菩薩像以外の仏像は、宝物館に展示されていますので、いつでも拝観することができます。

秘仏・文殊菩薩坐像は騎獅像で、侍者4躯とで一具で遺されています。
(騎獅と侍者4躯は、宝物館に展示されており、いつでも拝観可能です。)
文殊騎獅像は、唐様と宋様の二系統がありますが、竹林寺像は上半身裸形に近く結跏趺坐する唐様の系統を伝えるもので、現存最古に遺品といわれています。
(宋様は、全身に衣を着て半跏趺坐〜中尊寺・文殊騎獅像がその典型)
平安時代後期の制作で、像高60.4p、クス材の一木造りの彩色像です。
頭部が大きく、厚みのある膝組み、太造りの体部を示すとのことです。

この文殊菩薩像は、重要文化財に指定されていますが、これまでも50年に一度のご開帳のほかには、公開されたり開帳されたりしたことはないようです。
今回の御開帳は必見かも知れません。

            
.           竹林寺本尊・文殊菩薩坐像                                    騎獅・侍者4躯(宝物館に安置)





過去の秘仏御開帳情報

2002年〜2011年

2012年

2013年

inserted by FC2 system